アーユルヴェーダは生き方の知識

幸せな生き方を教える知識

古代インドから伝えられてきた、伝統医学『アーユルヴェーダ』
その言葉は、生命(アーユス) 、科学(ヴェーダ)と言う意味のサンスクリット語です。

実は、知らないうちに、身近なところにアーユルヴェーダの考えが取り入れられています。

アーユルヴェーダの考え方の基本は「自然のリズムに合わせて生活をし、体の本来持っている力を引き出しましょう」と言うとてもシンプルなものです。

5つのエネルギーがすべてを動かしている

アーユルヴェーダでは、すべてのものに地、水、火、風、空の5つの自然エネルギーが働いていると考えます。
気象などの自然現象はもちろん、人の体もそのエネルギーの影響を受けているのです。

これら5つのエネルギーのうち、地と水の組み合わせがカパを、火と水の組み合わせがピッタを、風と空の組み合わせがヴァーダを作り出すと考えます。
この3つの性質は、アーユルヴェーダを語る上で欠かせません。

人の感情や行動も5つのエネルギーの影響を受けています。

ヴァータ

風と空から導き出される運動作用

語源そのうち、風と空が結びついたものが、運動の作用を持つヴァータです。
軽い、動く、冷たい、乾燥などの特徴が代表的。
このエネルギーがバランスよく発揮されているときは、直感力やひらめきに優れ、フットワークが軽くなります。
一方アンバランスになると、不安になり信念を見失ってしまいます。

カパ

地と水が合わさった構造作用

地と水が結びつくと、骨組みを作る力、構造作用を持った形となります。
砂場の土だけでは山は作れませんが、水を加えることで、しっかり丈夫な礎ができます。
このように、基礎構造を作るのが、地と水のエネルギーなのです。
2つのエネルギーがよく働いているときには、穏やかになり、落ち着きが生まれます。
一方、エネルギーが過剰になると、怠慢で鈍感になり、また必要以上に頑固になってしまうこともあります。

ピッタ

火と水が結びついた変換作用

火と水のエネルギーが組み合わさったものがピッタです。様々な物の形を変える変換の作用があります。
火にとって水は、時に油になって火を強め、水となって火を消す役割を持っています。
暑さ、鋭さ、流動性といった特徴があります。
ピッタのプラス面としては、機転が利く、集中力が高まる、話し方も理論整然とします。
一方、マイナス面としてはイライラが代表的。すぐに怒ったり、批判的になったり、嫉妬ぶかくなってしまうことも。

このようにそれぞれの個性に合わせたライフスタイルの知恵を学び、日常の生活に取り入れていきましょう。

関連記事

  1. サロンで使用するもの全て身体と環境に良いもの

  2. シロダーラで最高のマインドフルネスを

  3. シロダーラサロンKANDY.の価格と想い。

  4. シロダーラと全身マッサージの使い分け

  5. 15年の研究をしている自然ヘナ・シロダーラ研究会

  6. シロダーラとヘッドスパで若返り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP